糖質制限とオリゴ糖

糖質制限というのは、糖質を制限する事を言います。

ダイエットの主流はカロリー制限でしたが、三大栄養素の(タンパク質・脂質・糖質) の中の糖質を減らすことで程よく痩せていくことを目指すものです。

糖質を制限することで、体重が落ちるのはもとより血糖値やインスリンの働きを正常化する事ができます。

糖尿病患者の治療の一つとしても、糖質制限は取り入れられています。

実際に糖質を摂りすぎると、うつ病になりやすいという研究結果も出ています。

糖質過多で脳のエネルギー源である、ブドウ糖が減少し脳の働きが弱まり、脳内伝達物質であるセロトニンやドーパミンが分泌されなくなるからです。

このような疾患を取り除く為にも、糖質制限は有用と言えます。

そこで、糖質制限とオリゴ糖の関係性です。

オリゴ糖は、糖質であるにも関わらず、胃で吸収されず大腸に届きます。

(一部消化性のオリゴ糖を除く)従って、血糖値が上がらないのです。

また、吸収されないことから体重制限に効果があるのです。

糖質制限をしていても甘いものが食べたい場合は、オリゴ糖を摂取する事で急激な血糖値上昇を防げます。

オリゴ糖は糖質を制限しなくてはいけない人にとって、救世主のような存在と言えます。

糖質を制限するのに効果的なオリゴ糖

とはいえ、消化性の胃で溶け出してしまうオリゴ糖であったなら、砂糖と同じです。

糖質制限にはなりません。

ここでは難消化性の大腸に届くオリゴ糖をご紹介します。

加工されたオリゴ糖を購入する際に下記の成分のオリゴ糖を選び、糖質をコントロールしてください。

フラクトオリゴ糖

野菜などに多く含まれる難消化性のオリゴ糖です。

ゴボウやアスパラガスそして玉ねぎなどに含まれます。

自然な甘味があります。

糖質を制限したいときには、もってこいのオリゴ糖です。

ガラクトオリゴ糖

牛乳や母乳などの動物性のオリゴ糖です。

動物由来なので中にはアレルギー症状を起こす場合もあります。

パッチテストなどで調べてから摂取するのがよいです。

乳菓オリゴ糖

サトウキビなどに含まれています。

糖質を制限したいときにはサトウキビをかじるのも良いかもしれません。

牛乳にも入っていますので、ガラクトオリゴ糖同様にアレルギー体質の人には不向きかもしれません。

ラフィノース

砂糖大根から抽出されます。

甘味があり天然のオリゴ糖なので人気があります。

熱だけではなく酸にも強いので食べ合わせに苦慮することがありません。

糖質が気になり始めたらラフィノースをおすすめします。

キシロオリゴ糖

とうもろこしなどがか抽出されます。

食物繊維が豊富で整腸作用に良い効果が期待できます。

また虫歯になりにくいという長所があります。

糖質制限に効果的とは言え、上記のオリゴ糖も過剰に摂取するようなら砂糖を食べているのと同じです。

節度と計画性を持つことが、糖質制限成功の鍵となります。

闇雲にオリゴ糖なら甘味をとっても大丈夫と決め付けることなくストイックに日々を過ごしましょう。

医師のアドバイスが得られるようであれば、その方が正確です。

自分ひとりで実践するのが億劫な場合は専門家の判断も仰ぎましょう。